2012年度第1回12球団合同トライアウト~桜井広大~

2012.11.18 02:48|GoldenEagles

楽天、元虎戦士・桜井を2日間テスト

 楽天が、元阪神で今季は独立リーグ・四国アイランドリーグplusの香川オリーブガイナーズでプレーした桜井広大外野手(29)の入団テストを行うことが15日、わかった。岡山県の倉敷で行われている秋季キャンプの最終クールとなる16日から2日間の予定。阪神時代の監督でもある星野仙一監督(65)の前で、もう一度アピールする。
(後略)

桜井広大01
真ん中の緑のユニホームが桜井選手。
撮影11月9日(金)クリネックススタジアム宮城にて。以下同じです。

元阪神・桜井「もう1回NPBで…」
(前略)
 桜井は9日、Kスタ宮城で行われたNPB12球団合同トライアウトに参加した。シート打撃の第1打席で左前安打を放つなど、計7打席で5打数1安打2四球だった。

1安打の映像は以下のリンク先で。最初のムービーの10:00~あたり、三塁強襲のレフト前2点タイムリーが映っています。
『2012年度第1回12球団合同トライアウト~楽天投手陣~』

桜井広大02
最初の記事の「チームには聖沢、銀次、鉄平ら左打者は多いが、右は手薄。今回、トレードで巨人から仲沢を獲得したが、一発の打てる右打者は補強ポイントでもある。」はその通りですが、タイガース契約解除の原因になった肘の故障は癒えたのでしょうか?

それにはご本人がこう語っています。

独立リーグ結果&ニュース : 香川・桜井広大「力の差をみせ、再び輝く場所へ」 ~アイランドリーグ注目選手に訊く
(前略)
――ひじを痛めた影響で、これまでは基本的にはDHでの起用でしたが、前期の最終戦からはレフトの守備に就くようになりました。守りに関する不安は?
桜井: スローイングもホームベースまで返せますし、心配はしていません。でも、実戦の打球はノックとはまた違う。だから1球でも多く、試合で守備をして、早く感覚を取り戻したいと思っています。

――阪神を退団する原因となったひじ痛ですが、どのような状態だったんでしょう?
桜井: 一昨年のオフに靭帯と軟骨の部分の手術を受けたのですが、術後の経過が良くなかったんです。それで昨季は試合でバットにボールが当たるとヒジに痛みが走る状態でした。もちろんボールも投げられませんでしたね。

――その痛みは今は?
桜井: 全くありません。香川に来た時にはバッティングに関しては問題ないレベルになっていました。スローイングはまだまだでしたけど、徐々にキャッチボールからスタートして、全力送球できるところまで回復しています。
(後略)


桜井広大03

元阪神・桜井、楽天入団テスト合否出ず
(前略)
 阪神時代の師弟関係でもある星野監督は「任せてればいいんや」と、合否を担当スカウトである福田チーム統括本部スカウト部副部長にゆだねた。その福田副本部長は「初日だけを見たらどうかな…と。いい時(阪神時代)を知ってるからね」と、微妙な評価。17日までの入団テスト。最後のアピールで、悲願を実らせたい。

なかなか厳しそうですね。

香川オリーブガイナーズHPに各選手の今年の「目標・抱負」欄があり、桜井選手「ガイナーズの優勝に貢献し、NPBに復帰する」と記されています。
グランドチャンピオンシップは逃したものも、前期優勝しリーグチャンピオンシップ制して総合優勝した香川桜井。
もうひとつの目標は達成出来るのでしょうか。

最後に「香川オリーブガイナーズ」PRポスター画像を、球団代表Blogからお借りして終わります。
『スポーツNPO理事長兼球団代表の日記』
桜井広大04

四国アイランドリーグ・香川オリーブガイナーズの桜井広大選手を起用したポスターが話題に

四国の野球独立リーグの「香川オリーブガイナーズ」(高松市)が元阪神・桜井広大
(こうだい)選手(29)を起用したポスターが話題を集めている。

4番打者として「虎の大砲」も務めた桜井選手の知名度をチームのPRに生かそうと企画。
桜井8件選手が硬式球“3玉入り”のうどん鉢を手にする斬新なデザインとした。

香川県が進める「うどん県キャンペーン」のポスターをパロディー化したデザインだが、
球団関係者は「全国区になった『うどん県』にチームもあやかりたい」と期待。
http://mainichi.jp/select/news/20120702k0000m040053000c.html
(注:↑リンク切れです)。

スポンサーサイト

2012年度第1回12球団合同トライアウト~星野智樹&高森勇旗~

2012.11.13 00:12|GoldenEagles

楽天 西武戦力外の星野獲得!トライアウトで4人斬り

 楽天が西武を戦力外となった星野智樹投手(35)を獲得することが9日、分かった。サイドスローの変則左腕は今季わずか6試合の登板で、戦力外通告を受けていた。

 星野はこの日、Kスタ宮城で行われたトライアウトに参加し、左打者3人を含む4人をいずれも内野ゴロに抑えるなど持ち味を発揮。「久しぶりの実戦だったからね。もっと左のインコースを突ければ良かったけど」と話した。今季1軍に定着した中継ぎ左腕はハウザーだけで、左キラーとして期待は大きい。球団ではさらにDeNA、オリックスをそれぞれ戦力外となった福山博之投手(23)、森山周外野手(31)も獲得する。

確かにこの日の星野投手は、球に勢いがあり変化球も低めに収まっていました。
球団の正式発表はまだですが、入団の暁には今年の加藤投手ほど活躍してくれたらありがたいな。


莫迦な会話がマイクに拾われてますが、どうか寛大な気持ちで聞き流して下さい。

高森勇旗02
そして最後まで応援し続けた、(前横浜DeNAベイスターズ)高森勇旗軍団に敬意を表して動画UPします。

高森勇旗01
広いKスタでのHRは君たちの力が呼び寄せた、
のかもしれません。

2012年度第1回12球団合同トライアウト~一場靖弘~

2012.11.11 01:51|GoldenEagles
一場靖弘01
対一場投手の第七打席は、ライナー性の打球を一塁手のファインプレーに阻まれてしまいましたが、全打席の中で一番の当たりでした。
中村真人トライアウト成績、7打席6打数2安打1四球。

一場靖弘02一場靖弘03
一場靖弘04一場靖弘05
こうして久々に被写体として観ると、相変わらずたたずまいが「エース」なんですよ。一場って。
それって「見た目」だけじゃ無いかと言われそうですが、持って生まれた肩の強さ足の速さと同じくらいプロにとって大事なモノです。「見た目」は。

<トライアウト直前・独占告白> 一場靖弘 「自分はまだまだ終われないんです」
(前略)
┃人生初の中継ぎも経験し、二軍では好調だったが……。

 人はその理由について、「制球難の克服」と決めつける。だが、彼の言葉を借りればそれは、肩の痛みを抑えるための苦肉の策だった。

 最初は好感触を抱いた。しかし、それは錯覚以外の何ものでもなく、徐々に違和感を覚え始める。そして、今度は脇腹を痛めてしまう。

「その投げ方は、お前には合わないよ」

 そう教えてくれたのは、同じスリークォーターの館山昌平だった。

「館山さんに言われたときに、『そうか』と納得させられて、また自分のフォームを見つめ直すようになって。結局、トレーナーさんにも肩の痛みのことを話しました。そこで原因が肩甲骨にあることが分かったんです。それまでは肩甲骨が前に出過ぎていたんで、常に後ろにうまく寄せておかないといけない。それを普段から意識するようになって。あとは、痛み止めの注射を打ちながら肩に負担のかからないトレーニングをしていったことで、徐々に痛みがなくなっていきました」

 '10年は一度も一軍に上がることはできなかったが、'11年になると肩の痛みはほとんどなくなり、投球フォームをオーバースローに戻せるまでに回復した。

 野球人生初の中継ぎに挑戦し、ファームながらも良好なコンディションを保てていた。特に夏場は、自分でも驚くほど絶好調だった。

 ただ、なぜか「精神面の弱さと制球難がある」というレッテルはそのままだった。ファームでの成績も一軍での活躍を保証するものではない、という印象を依然として首脳陣は感じているようだった。
(後略)

「精神面の弱さと制球難がある」との先入観を打ち壊すのは本人が結果出すしかありません。
その場を得るチャンスを今一度どこかの球団用意してくれませんかね。
このままフェードアウトするのは本当に勿体ない。


雨除けのビニルから出るノイズをマイクがかなり拾ってます。ボリューム絞ってご覧願いたし。

トライアウト関連続きます。

2012年度第1回12球団合同トライアウト~中村真人全打席 その2~

2012.11.10 23:38|GoldenEagles

中村、意地の2安打!合同トライアウトに楽天から4選手
(前略)
 ヤクルト・一場から放った会心の打球が一塁手のミットに吸い込まれた瞬間、スタジアムがため息で包まれた。強烈な一塁ライナーが、中村の最終打席となった。本拠地・Kスタで誰よりも大きな声援を受けた中村の挑戦が終わった。

 「うれしいですね。大きな拍手をいただいて…。持ち味を出せたというか、ごく普通にできた。ボールがバットに当たりましたわ」と独特な表現で中村は感想を語った。

 球団から戦力外通告を受けたのは4日だった。「落ち込む時間もなかった。コーチの方や先輩たちが『トライアウトを絶対受けろ』と言ってくれたので…」。ソフトバンクの近田から右前安打を放つなど6打数2安打。巧みなバットコントロールの片りんは見せた。

 スタンドには夫人とまな息子、まな娘が見守る中奮闘した。「野球をやりたい気持ちがあるけど、家族がいるので…。今後? 分からない。“欲しい”と言われたら、そこで頑張ろうという気持ちはある…」と複雑な思いを吐露した。

 愛称・マメ。とぼけた言動や悪球打ち、いじられキャラでファンに親しまれた中村。「最後は運良く仙台でできた。最後にKスタでできたから…。悔いはありません」。人事を尽くして天命を待つ。中村は他球団の獲得オファーを信じて待つ。



五打席目。見逃し三振。


六打席目。元千葉ロッテマリーンズ小林亮寬投手の初球を振り抜きセカンド内野安打。

中村真人06
そして最終打席は、前東京ヤクルトスワローズ元東北楽天ゴールデンイーグルス一場靖弘投手との対戦とあいなりました。

2012年度第1回12球団合同トライアウト~中村真人全打席 その1~

2012.11.10 23:05|GoldenEagles
中村真人01
撮影11月9日(金)クリネックススタジアム宮城にて。以下同じです。

前楽天中村、合同トライアウトで2安打

 今季まで楽天でプレーした中村真人外野手(30)が9日、Kスタ宮城で行われた第1回12球団合同トライアウトに参加した。7打席で6打数2安打1四球だった。偶然にも、慣れ親しんだ球場での開催。打席に入るたび、スタンドから一番大きな声援を受けた。「うれしかったです。全打席、いつも通りにやれました」と地元ファンに感謝した。

 今月4日に戦力外通告を受けた。すぐには気持ちの整理がつかなかったが「いろんな人に『まだできる』と言われて。やる気が回復しました」。第2打席では、前ソフトバンク近田の変化球をとらえ右前打。元ロッテ小林亮からは、しぶとく二塁内野安打と、持ち味は見せた。

 今の気持ちを問われ「ここでプレーするのも最後なのかと。寂しさ。むかつき。いろんな気持ちがあります。トライアウトを受けたくないというプライドもあって。でも、終わってみて、参加して良かったと思います」と打ち明けた。今後は未定。「決めてない。というより、決められません」。そう言い残し球場を離れた。ユニホームは変わろうと、再びプレーする姿を待ち望む楽天ファンは多い。【古川真弥】

 [2012年11月10日10時48分 紙面から]


中村真人03

初打席動画は前項に載せてあります。



中村真人04
二打席目。前福岡ソフトバンクホークス近田怜王投手から、真人トライアウト初ヒット。


三打席目。ピッチャーゴロ。


四打席目。前北海道日本ハムファイターズ木田優夫投手からフォアボールを選ぶ。

中村真人05
その後のバットへし折ってのダブルプレイは、木田トライアウトニュースでよく使われていました。

2012年度第1回12球団合同トライアウト~楽天投手陣~

2012.11.10 13:35|GoldenEagles
Kスタ宮城で行われたトライアウトに参加した、楽天イーグルス関連選手の画像映像をUPします。

トライアウト01
撮影11月9日(金)クリネックススタジアム宮城にて。以下同じです。

一場、中村ら56人アピール Kスタ宮城でトライアウト


 プロ野球で戦力外通告を受けた選手を対象にした12球団合同トライアウト(入団テスト)が9日、Kスタ宮城(仙台市)で行われた。
 元東北楽天の一場靖弘(前ヤクルト)、松崎伸吾(前阪神、東北福祉大出)ら投手36人、野手20人の計56人が参加。東北楽天を戦力外となった選手では有銘兼久、川島亮、佐竹健太の3投手と中村真人外野手が挑んだ。
 テストはカウント1ボール1ストライクからのシート打撃形式で行われた。投手は打者4人との対戦、打者は7~8打席の機会を与えられた。参加選手は各球団の編成担当者が見守る中、持ち味をアピール。1番手で登板した有銘は、1安打1四球を許したが切れのある球を投げ込み、「やるだけのことはやった。出し切りました」と納得の表情だった。
 仙台でのトライアウト実施は2006年以来、6年ぶり2度目。21日には鎌ケ谷スタジアム(千葉・鎌ケ谷)で第2回が行われる。

トライアウト02トライアウト03
左)各球団のスカウト関連の皆さん。右)今回のトライアウトをサポートするホスト球団、お馴染み楽天イーグルスの面々。


有銘兼久投手川島亮投手佐竹健太投手の順で登板。


中村真人選手第一打席。

この項続きます。

秋季練習-高須選手。

2012.10.29 04:00|GoldenEagles
来季に向け中堅&ベテラン選手中心の秋季練習が、Kスタ宮城で始まっております。

高須01
高須02
高須03
撮影10月17日(水)クリネックススタジアム宮城にて。

当方の注目選手のひとりは、残念ながら今年一年ほぼ棒に振った高須選手。

高須04
撮影10月18日(木)クリネックススタジアム宮城にて。以下同じです。

試合58打数176打率.244の成績はご本人も不本意だったと思われますが、高須選手の代名詞でもある高い得点圏打率が今年.156と不調のひと言ではすまされない低率で、ファンにとってはついつい重い体調不良を心配してしまうシーズンでした。

高須05

事実直接話しをうかがった某紙の記者さんによると、高須選手今年右肘を痛めてしまいバットを「押し込む」ことが出来なかったそうです。

高須06

ファンとしては完治を願うばかりですが、秋季練習の高須選手を観てるととにかく明るい。

高須07高須08

こんな表情は初めて観るような。

肘の調子の良さからくるものであれば更に嬉しい限りです。

高須09高須10

来年こそまた目の覚めるようなタイムリーを見せてもらいたいモノです。
| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Motion Clock

プロフィール

CarrascoJAPAN

Author:CarrascoJAPAN
狗鷲ブックマークへようこそ!

CarrascoJAPANを僭称するイーグルス好きのおっさんです。
仙台在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

メールフォーム

お問い合わせ等々はこちらへ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

  • ページトップへ
  • ホームへ