ベガルタ仙台レディース最終戦セレモニー~鮫島選手が見えません~

2012.11.06 02:38|Sports
ベガルタ仙台レディース、今季次の目標は「第34回 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会」優勝。
そして次の試合は、
◆2回戦 
ベガルタ仙台vs[1回戦 愛媛FCレディース(四国/愛媛)vs日本体育大学(関東/神奈川)]の勝者
ですが…。

ベガルタ仙台レディース最終戦04
ベガルタ仙台レディース最終戦05
ベガルタ仙台レディース最終戦06
試合前、サポーターへの挨拶。

ベガルタ仙台レディース最終戦07

今回対戦した相手の日本体育大学女子サッカー部のみなさんも「(皇后杯予選勝ち抜いて)必ず戻ってきます!」と意気軒昂でした。

12月に入りますから寒さとも戦わなければならないんですよね。
好ゲームを期待しております。
そして勢いに乗って、NACK5スタジアム大宮に行っちゃいましょうよ。

スポンサーサイト

ベガルタ仙台レディース最終戦セレモニー~AURA~

2012.11.06 01:30|Sports
写真はとくに映像とは関係有りません。
撮影11月4日(日)ユアテックスタジアム仙台にて。以下同じです。

【CL第22節 日体FC】ベガルタ仙台レディースチャレンジリーグ優勝記念「2012CHANPIONS弁当」発売のお知らせ

ベガルタ仙台レディース最終戦01ベガルタ仙台レディース最終戦02
美味しゅうございました。

ベガルタ仙台レディース最終戦03
2012ベガルタ仙台SOCIO・LADIES会員感謝の集いチケット販売をお手伝いする小山&川島選手とチャルメラのおっさん。
今年はおっさん見るのこれで3~4回目ぐらい。明星さん宮城に力入れてるのかな?

ベガルタ仙台レディース最終戦セレモニー~ヘビーローテーション~

2012.11.06 00:58|Sports
引用の続きです。

 今日、私はここで皆さんに、お誓いしたいと思いますけれども、フラッパーズ、そしてマリーゼ、そしてベガルタ仙台レディースと名前が変わりましたけれど、今後は絶対にこの名前を変えないということをお約束したいと思います。
 先程、昨年の10月の話をしましたけれども、さらにさかのぼる3月11日の東日本大震災、それは大変な、筆舌に尽くしがたいことだったと思いますし、今でもかかずらっていらっしゃる方もいらっしゃいますけれども、あの時に、今日のベガルタ仙台レディースを想像した方がいらっしゃったでしょうか。おそらく、ひとりもいないと思います。
 ただ、時間が経ってみますと、ベガルタ仙台レディースのスタートは、あの3.11なのではないかと思っております。このベガルタ仙台レディースは、これからひとつの山を越え、ふたつの山を越え、みっつの山を越えて、ますます歴史を刻んでいくということをやっていきたい。県民市民にとって、末永く語り継がれる、伝達される、レガシーにしていきたい。そう思っております。皆さんはそのレガシーにするためのパートナーであり、歴史の証人ではないかなと思っております。
 最後になりますけれども、皆さんはベガルタ仙台レディースが優勝したときに、万歳をしてくれました。たいへん、感動いたしました。今日は、私たちにとってたいへんな誇りであります、サポーターに対して万歳をしたいと思います。ご唱和よろしくお願いいたします。
 ベガルタ仙台レディースのサポーター、万歳!(場内万歳三唱)


ベガルタ仙台レディース最終戦セレモニー~今後は絶対にこの名前を変えない~

2012.11.05 23:33|Sports
4分割にして、ベガルタ仙台レディース最終戦セレモニー映像を載せます。


中途加入&怪我をしている選手や裏方の関係者をおもんぱかる千葉泰伸監督素直な(笑)下小鶴綾キャプテン、お二人の挨拶も素晴らしかったのですが、何と言っても白幡洋一社長。

傍若無人な放言としか取れないあるヘッドのスピーチを聞いた後だけに、我々イーグルスファンの心に染み入りました(ベガルタ仙台オフィシャルサイトから引用させて頂きました)。

11月4日(日)、ベガルタ仙台レディース 第22節 日体FC戦にてプレナスチャレンジリーグ2012最終戦セレモニーを開催いたしました。

株式会社ベガルタ仙台代表取締役社長 白幡洋一よりご挨拶

 プレナスチャレンジリーグ最後の試合に勝ちまして、優勝は前節に決めまして、来季のなでしこリーグへの昇格を決めたのですけれど、最終戦でも何とか勝利を決めまして、少しホッとしております。
 こういう成果は、今日ここにいらしてくれた方々、あるいは来られなかった方も含めて、多くのファン、サポーター、スポンサー、ボランティア、そしてその他の関係者の皆さまに、ご支援、ご声援やご協力のもとで成し遂げられました。感謝を申し上げたいと思います。ありがとうの言葉をいくつ重ねても足りないと思いますが、本当にありがとうございました。
 今、私の後ろに並んでいます監督、選手、スタッフ、そしてそのほか育成部のフロントが、少ない人数ながら試合を一年間運営することを達成できました。彼らは誇りであります。私からも労いたいと思いますし、褒めてやってほしいと思います。
 考えますと、昨年の10月13日に東京電力からの移管を決めました。そして翌年の2月1日に「ベガルタ仙台レディース」としてスタートしたのですが、一年間、人によっては「勝って当たり前」「優勝して当然だ」と一部の声もある中で、選手と監督が一丸となって、自分たちが掲げた目標を、このように見事達成しました。大変、感慨深いものがあります。
 みなさんご承知のように、ベガルタ仙台レディースは、宮城県の(大崎市)三本木で1997年にスタートいたしましたYKK東北女子サッカー部フラッパーズがスタートです。2004年にそれが東京電力に移管となって、今年からベガルタ仙台レディースとしてスタートしたわけでございます。

引用続きます。

ベガルタ仙台レディース優勝。その2。

2012.10.30 02:30|Sports
今回川場村のサッカー場にて一番驚いたことは、世田谷ホームにもかかわらずベガルタをホーム扱いに設営してくれたことです。
優勝確実な試合にともなう観客整理やマスコミ対応警備の関係等々、理由はあるのは解りますが、野球じゃ考えられない。サッカーでは一般的なコトなんですかね。
川場村や世田谷さん独自の判断とすれば、ホントご配慮に感謝します。

スフィーダ世田谷FC - 女子サッカークラブ

ベガルタレディース12ベガルタレディース13
撮影10月28日(日)川場サッカー場にて。以下同じです。

で二番目に驚いた(?)のが、試合前に延々と流れていたこの↓応援歌。
一緒に行った面々も「知らずに口ずさんじゃう」と大評判。
映像観たら貴方も今日から「12番目の情熱」アディクト。要取り扱い。

スフィーダ世田谷チーム応援歌

スフィーダ世田谷公認応援歌 Passione 100% ~12番目の情熱~

さあ行こう 勝利をめざして
今 熱く  今 強い心で
走り抜こう 未来に向かって
スフィーダ世田谷 スフィーダ世田谷




↓前回の続きの映像です。


やはり競技に参加している以上、優勝しなきゃ勝たなきゃダメですね。
彼女たちの素直な喜びの発露を観ながらつくづく思いました。

で最後に鮫ちゃん画像。
どこか場所の確認かな。

ベガルタレディース09
ベガルタレディース10
ベガルタレディース11

ベガルタ仙台レディース優勝。その1。

2012.10.30 00:37|Sports
結構長く生きている方ですが、応援しているチームが目の前で優勝した試合を直に観たことが一度も無い(逆に相手が優勝するのを観たのは二度ほどあります)。
8/9の確率で優勝が決まる応援するチームの試合が群馬であるのなら、これは行くしかないでしょ。

ベガルタ仙台レディース優勝おめでとう。
そしてありがとう。
来季「なでしこリーグ」でも暴れ捲って下さい。

撮影10月28日(日)川場村SLホテル付属練習場にて。以下5枚同じです。

ベガルタレディース01ベガルタレディース02
練習所で気合いを入れピッチに向かう選手の皆さん。

ベガルタレディース03ベガルタレディース04
試合前選手に握手を求める社長さん。
自ら運転して奥さんと二人車で到着されてました。

ベガルタレディース05
故障で控えのお二人。残念です。

ベガルタレディース06
撮影10月28日(日)川場サッカー場にて。以下同じです。

エスコートキッズとの入場。
両チームとも緊張感が伝わります。

ベガルタレディース07
公式観客数813人。
金網フェンス越しで観ている方もたくさん居たので全部で千人超していたかもしれません。

ベガルタレディース08
当方アウェー観戦は初めてなので、白いユニホームが新鮮です。

↓はタイムアップの笛からの映像です。

祝日本U-20女子サッカーW杯初戦勝利!

2012.08.22 14:36|Sports
「FIFA U-20女子ワールドカップ ジャパン2012」開催5開場のひとつが利府・宮城スタジアム。
先日観戦した映像を載せます。

U-20女子サッカー01
画像は映像からのキャプチャー。

グループA マッチNo,1 2012/8/19(日)19:20
日本 4 - 1 メキシコ

同日同所で行われた第一試合と比べてみて、素人目にもはるかにエキサイティングな試合でした。

今日も同スタジアムで試合があるんですよね。
イーグルスともろバッティングするので、観に行くか未だ迷ってます。



凄まじいミドルシュートで有名なMF田中陽子さんですが、相手方のゴールが外れて胸前で両手をクロスしてホッとするところあたりは、やはり10代の女の子です。



開口一番、東北人を鷲づかみの佐々木監督。

仙台で行われた五輪前のアメリカとの壮行試合後、サポーター席前に挨拶に訪れた監督は、投げ入れられたマフラータオルを首に掛け皆と一緒にときの声を上げてました。
相手を乗せるのに長けた指導者はさすが違います。
ネガティブなことばかり吐いて選手萎縮させちゃ元も子もありません、とこれは別の話題ですね。

続きを読む >>

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Motion Clock

プロフィール

CarrascoJAPAN

Author:CarrascoJAPAN
狗鷲ブックマークへようこそ!

CarrascoJAPANを僭称するイーグルス好きのおっさんです。
仙台在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

メールフォーム

お問い合わせ等々はこちらへ。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

  • ページトップへ
  • ホームへ